今季のカワハギに向けて全力を注いでいるのが大倉屋。10月末には同店のブランド・OMロッドワークスから「OMスティック カワハギ165」を発売する。

極鋭、ステファーノなど最新のカワハギザオの調子を研究し、独自の感覚で作った自信作。胴から手元にかけてのしなりに着目し、S・M・Hの3タイプを作成。穂先はそれぞれ高感度カーボンソリッドを使用。ガイドはオールチタンで14個。ワンピースで税込み¥2万8800。

 総重量は125グラム。手元の材料にこだわったため100グラムを切るような最軽量タイプではないが一日持っても疲れない重さ。免責保証あり。

 このほか各社のサオの在庫も豊富。リールは在庫限りスマックが30~50パーセント引き。店内は蛍光灯を増やして明るくなり、探しやすくなった。

クロダイ用リール.jpg
また、銘木を使ったクロダイ用リールは全国各地から問い合わせがあるほど人気。別室を設けるほどの力の入れ具合で、ほかにはないものばかり。

 写真左は緑檀シリーズ手彫りの泪型。緑檀とはマビシ科の植物の一つ。香木として利用されることが多い。ヨーロッパでは成功、生命の木、アジアでは平和の木とも言われる貴重な材質。木や枝は緑色ではなく、空気に触れて時を経つにつれ緑色が深まる。画像では黒いが、直射日光に当たると青、緑色に見える。

ベアリングはさびない最高級の物を3個使用。実戦で使いやすいように握りやすさ重視で両サイドに反り入り。価格は¥3万8600。

 このほか緑檀シリーズは6点。それぞれ木の狂いはなく回転がいい。

写真右はケヤキの新作。形がモミジのようで独特。ハンドルは黒檀で替え付き。スタンドは真鍮。ベアリングはさびない最高級の物を3個使用。価格は¥3万3800。

 なおこの様子は動画で見られる。ベアリング、回転のよさを確認してほしい。下記参照。

新作リール、クロダイルームの様子

店内の様子

外観

最新情報 -