へら 一覧

i1200008221.jpg茨城県つくば市にある筑波白水湖で11月4日(月)、第3回旭舟杯が開催された。参加260人。当初は250人の募集だったが、チケットは数日で完売。なおも参加希望者が続出したため昨年同様に定員を増やしての大会となった。雨模様の天候だったが納竿後の表彰式と大抽選大会では全員が笑顔だった。

〈週刊へらニュース・高崎〉

旭舟杯は何といっても賞品の豊富さが圧倒的。そのため競技終了後も楽しめる大会で、回を重ねるごとに参加者が増えている。「釣れた人も釣れなかった人も笑顔になってほしい」という石井旭舟氏の思いでスタートした。ヘラブナ釣りの楽しさを満喫するための人気のイベント。

深夜から降り続いた雨のため、競技は予定より15分遅れの6時45分スタート。各桟橋は超満員にもかかわらず開始早々にポツポツと竿が立ち始めるが、やはり全体に食いは渋い。午前9時ごろに雨は上がり、その後は曇天。

10月30日に2トン放流された新ベラたちが口を使い、枚数を伸ばせない人が多いものの、きれいな魚体が水面を割ると参加者はみな笑顔。旭舟氏の思い描いたように、競技よりもヘラ釣りの楽しさを満喫している姿が各桟橋にあふれていた。

午後2時に納竿。終了後は、事務所横に設置された仮設テント前で表彰式と大抽選大会が始まる。石井旭舟氏、櫻井釣漁具社長、戸張誠氏のあいさつと総評の後、上位入賞者が発表される。

優勝は千葉県野田市から参加した須田光浩氏で釣果は24.2キロ(約40枚)。釣り座66番で竿13尺ペレット系両ダンゴの宙釣りだった。

その後は大抽選大会が行われた。女性賞として、対象者にはバナナ大箱1ケースが贈られた。次に260人の参加者全員が外れなしの抽選がスタート。賞品が次から次に飛び出してくる。自転車にコメ30キロ、パラソル、ウキ「旭舟」を惜しげもなく大盤振る舞いしたかと思うと、もはや名物のマルキユーのエサ各種1ケースなどなど。ラストはシミズ製品の目録で、全製品から好きなものを選べるという。賞品が出てくるたびに歓声がわき、参加者全員が競技中も終了後も悪天候を吹き飛ばす笑顔だった。

▼筑波白水湖
029(865)1361
へら, 大会結果 -

i1200008222.jpg11月2日(土)、ダイワ枯法師クラシック2013関東大会が埼玉県加須市にある三国池で開催された。新製品の6代目を含めた歴代枯法師オーナーのみのイベントで、参加は90人。穏やかな釣り日和のなか各世代の愛竿を握り、互いに親睦を深めた。〈本紙・関口〉

早朝、受け付けを済ませた参加者全員が白のブルゾンを身にまとっていた。背中には枯法師クラシックの文字。これと専用キャップが配られる。

大会はアットホームな雰囲気で行われた。競技は総重量ではなく午前は1枚長寸で、午後が1枚短寸の勝負。さらに途中で早掛け勝負なども織り交ぜて、和気あいあいのムードで進行した。父親と参加した小学3年生の千葉愛ちゃんも初代枯法師で見事元気ベラをゲットした。

昼食休憩中に、各世代の枯法師オーナーに集まってもらう。コメントを聞くとそれぞれ愛着を持っているとのことで、二十数年前に発売された初代を今も現役で使用している人がいた。

またダイワフィールドテスター・生井澤氏による実釣解説や、6代目枯法師のレンタルなども行われた。歴代オーナーにとって新製品の枯法師は気になる竿に違いない。レンタルの申し込みに並ぶ人の姿が印象的だった。

午後2時に納竿し、その後は表彰式に移った。長寸部門1位は青野浩氏で30.5センチ。5代目枯法師19尺竿を使い両ダンゴの底釣りだった。短寸部門は滝本弘氏で10.5センチ。3代目の12尺竿でのグルテンセットの底釣りだった。
へら, 大会結果 -

栃木県小山市にある吉森へら鮒センターが、ミニ賞金大会を開催する。

要項は次の通り。

▽日時...11月23日(土・祝)、6時~受け付け、7~15時競技

▽参加費...2500円

▽規定...竿7~18尺、タナは1メートル以上。生きエサ、角麸、スレ取り禁止

▽表彰...上位に賞金


▼吉森へら鮒センター
0285(28)0073
へら, 大会案内 -

i1200008202.jpg11月3日(日)、埼玉県越谷市のしらこばと水上公園で「2013みんなで遊ぼうフィッシング祭り inしらこばと」=(公財)日本釣振興会埼玉県支部、(公財)埼玉県公園緑地協会)共催=が開催された。

今年で7回目を迎え、昨年を上回る1万1236人が来場。会場直後からニジマスが放流されたプールや各メーカーの出展スペースは家族連れほか多くの人でにぎわった。

幼児や児童を対象とした空き缶釣り、小学生限定のニジマスつかみ取り、入門者向けの釣り教室と催しも多岐にわたり、子どもを連れたお父さんやお母さん、釣り初体験の人も一日楽しんでいた。

出展、協賛企業合わせて110社。オークションやプロアングラーによる講演、釣りガールのトークショーなど、来場者が楽しめるステージも盛りだくさん。天候にも恵まれ盛況のうちに閉会となった。

〈週刊つりニュース・新田〉
関東, お知らせ・ニュース, へら, お知らせ・ニュース -

埼玉県さいたま市にある武蔵の池が、段差の底釣り大会を開催する。

要項は次の通り。

▽日時...12月21日(土)
▽募集...118人
▽参加費...3000円
▽賞...全員に賞品、ほか抽選会あり
▽申し込み...事務所で前売り券を購入。入場は受け付け番号順


▼武蔵の池
048(624)9667
へら, 大会案内 -

11月12日(火)、千葉県流山市にキャスティング南柏店がオープンする。12月8日(日)まで記念セールを行う。

期間中は店舗指定の5000円以上の竿、リール、ウエア、クーラーボックス、バッグなどが特別価格で販売される。大均一祭りとして一部の商品を499、999、1999、2999円の均一価格で販売。また11月17日(日)まで、3000円以上の買い物をした人を対象に、国産高級牛肉や金券などが当たる記念大抽選会を実施する。

このほか買取などを行う中古品コーナーを開設する。住所:〒270-0141千葉県流山市松ヶ丘3-305-8

http://castingnet.jp/

▼キャスティング南柏店
04(7142)7431
へら, お知らせ・ニュース -

茨城県取手市にあるさくら湖が10月23日(水)、名人大会を行った。

競技は底釣り規定で行われた。優勝はB桟橋の釣り座46番に入釣した関口俊夫氏で、竿14尺のトロ巻きセットで35.2キロ。2位に10.4キロもの差を付けた。次回は11月27日(水)に開催する。

なお月例大会は台風のため中止になった。次回は11月30日(土)に開催する。

このほか、7日に新ベラを1.5トン放流している。


▼さくら湖
04(7188)2944

へら, 大会結果 -

i1200008188.jpgGFG=がまかつファングループ=主催の第1回GFG杯へらぶな東西対抗戦が10月28日(月)、埼玉県羽生市にある椎の木湖で行われた。東西の代表20人が団体、個人で合計重量を競い、団体の部が東軍、個人の部では松崎光臣氏が61.91キロで優勝した。〈週刊つりニュース・高崎〉

今大会はプレ開催などを経ての記念すべき第一回開催。東日本と西日本の各地区予選の上位10人のGFG会員が東軍と西軍に分かれて総重量を競う団体の部と、個人総重量を競う個人の部で争った。

競技は5号桟橋を使用。釣り座は東軍、西軍の選手が交互に座るようあらかじめ配置されたうえでの抽選による当て番制。

6時30分に競技開始。予選を勝ち上がっての決勝大会とはいうものの、和やかなムードが漂う。セット釣りを選択する人が多く、長~短尺竿までそれぞれ得意の釣り方で絞っていた。

12時30分に終了。計353.55キロで、西軍に100キロ以上の大差をつけた東軍が勝利した。個人の部では東軍の松崎光臣氏が61.91キロをマークして、2位を16キロ以上引き離して優勝した。「今日は渋い釣りになると思っていたので、朝はセット釣りで始めた。アタリがあったので両ダンゴに切り替えたことで勝てたが、最後まで渋いコンディションだった」とコメント。

高園満GFG会長のあいさつと棚網久氏の総評の後に表彰式が行われ、入賞者にがまかつ製品が贈られた。来年は関西地区で開催する予定。

へら, 大会結果 -

i1200008162.jpg釣り文化資料館に10月23日(水)、紀州へら竿の名竿・至峰(9尺)が寄贈された。

寄贈者は東京都文京区の一見慎三郎さんで、日本へら鮒釣研究会文京支部の副会長を務めるベテラン。「壊してしまってはいけない」との思いから「実際の釣行にはほとんど使用できなかった」と大切にしてきたもの。

至峰は師光の弟子で機能優先の竿作りで知られ、至峰調と呼ばれる先調子が特徴。寄贈された竿は1960年代に製作されたもの。一見さんは「魚を掛けてから、寄せるための適度な反発力がありますね。これはいい竿ならではのものです」と極上の釣り味を表現した。
へら, お知らせ・ニュース -

千葉県我孫子市にある小川つり堀園で秋季大会を開催する。

要項は次の通り。

▽日時...11月23日(土・祝)、6時~受け付け、7~14時競技
▽参加費...4000円(食事付き)、前売り券発売中
▽募集...130人。定員になり次第締め切り
▽規定...大池が竿16尺まで、小池は11尺までの完全底釣り制。生エサ・スレ取り禁止
▽表彰...上位に豪華賞品、飛び賞、参加賞ほか多数用意

※残席があれば当日参加ができる。

http://heraogawaen.web.fc2.com/

▼小川つり堀園
04(7184)4922
へら, 大会案内 -

このページの上部へ

カレンダー

サイト内検索